hyCalendar

導入および更新の手順

ダウンロード

作者へのフィードバック

謝辞

日記内の関連記事

トップページへ戻る

最新版のダウンロード

最新版: hyCalendar 1.6.8 (2010/6/6) 最新版での変更点

お願い: バージョンアップの際は,データファイルを必ずバックアップしてください.

六曜モジュールを追加するには:

六曜モジュールは,六曜(「大安」「仏滅」など)を日付名として提供します. hyCalendar 1.1.1 以降で利用可能で,2020年までの六曜表示に対応しています.

hyCalalendar-Rokuyo パッケージ 1.0.1 のダウンロード (2006/7/3)

アーカイブの中には,hyCalRokuyo.dllというファイルと rokudll.dllというファイルが格納されています. これらのファイルを1つのディレクトリに展開し (hyCalendar.exe と同じディレクトリを推奨します), メニュー[ファイル]-[他のファイルを参照する]から hyCalRokuyo.dll を追加してください. 参照を追加するときのダイアログでは,初期状態では ".cal" 拡張子のファイルしか表示されていないことにご注意ください.

過去のバージョン

最新版でトラブルが生じた場合などに備えて,古いバージョンも公開しています. 過去の変更点を参照してください.

扱える予定の種類などが増えるに従ってバージョン番号を上げています. バージョン番号で,「1.x.y」 の x の部分が等しいバージョンは, 同じファイル形式を採用しています. 古いバージョンで作成したデータは新しいバージョンで読み込むことができますが, 新しいバージョンでサポートされた予定を含んだファイルは, 古いバージョンで読み込むことはできません.

既に公開していない過去のバージョンが必要な方は,メール等でご連絡ください. 作者が保管している範囲で対応いたします.

1.6.8

2010/6/6

[archive]

  • 周期予定ダイアログを一度でも表示した後,別のファイルを開いて(あるいは新規作成して)周期予定ダイアログを開きなおすとエラーが起きる問題を修正しました.

1.6.7

2010/5/30

[archive]

  • 「別の月の日の背景色」が指定できるようになりました.
  • デフォルト設定での起動時は,URL ツールバーが非表示になりました.

1.6.6

2010/3/7

[archive]

  • 印刷プレビューで使っているフォントが印刷時には使われていなかった問題を修正しました.
  • ファイル出力に失敗したときに「予期せぬエラー」メッセージが表示された問題を修正しました.
  • プログラム終了時の設定ファイルの出力時間を短縮するよう実装を修正しました.

1.6.5

2010/2/6

[archive]

  • 「別の月の日の表示色」が予定データにも適用できるように「予定にも適用」オプションを追加しました.
  • 日付数字を表示するフォントよりも休日名のフォントが大きいとき,期間予定の横線の位置が日付区切りでずれて表示される問題を修正しました.
  • 印刷ダイアログで,印刷時に使用するフォントを指定する「出力用フォントの指定」欄を追加しました.
  • 印刷ダイアログ「出力スタイル」欄に「前後の月を非表示」を追加しました.
  • 印刷ダイアログにおけるプリンタ,印刷期間以外の設定がすべて保存されるようになりました.

1.6.4

2009/10/12

[archive]

  • カレンダーのフォント設定のうち 「文字セット」情報が保存されておらず, 起動時に欧文フォントを正しく表示できなかった問題を修正しました.

1.6.3

2009/7/31

[archive]

  • カレンダーの背景色を変更したとき, 日付メモの編集領域の背景色も変更されるようになりました.

1.6.2

2008/11/8

[archive]

  • ファイルのエクスポートで,日付に曜日を付加できるようになりました.
  • ファイルのエクスポートを,コマンドラインオプションで行えるようになりました. これを使うと,ウィンドウを開かず,指定期間のデータだけをテキストに抽出することができます. 詳しいオプションは,ヘルプの記述を参照してください.
  • カレンダーのカーソル(現在の日と,選択されている日)の枠線の太さが調整可能になりました.

1.6.1

2007/7/8

[archive]

  • 開いているファイルをロックし,他のプログラムからの上書きを禁止するようになりました.
  • カレンダーの背景色の変更が即座に反映されない問題を修正しました.

1.6.0

2007/4/1

[archive]

  • 一定日数ごとにマッチする周期予定に「指定曜日のみを数える」オプションを追加しました.
  • 1ページに印刷する週の数を,1ヶ月の範囲に自動調整する機能を追加しました.
  • TODO編集ダイアログ上での切り取り,コピー,貼り付けのショートカットキーが メインウィンドウ側で認識されてしまう問題を修正しました.

1.5.1

2007/2/18

[archive]

  • 設定ダイアログの「システム設定」タブ(以前のバージョンでの「拡張子の関連付け」タブ)に 「タスクトレイを使う」オプションを追加しました.
  • 他の月の祝日が,赤みがかかった灰色になりました(設定ダイアログから変更可能です).
  • TODOリストビューのフォント設定が可能になりました.
  • ポップアップウィンドウが画面外にはみ出してしまう問題を修正しました.
  • カレンダーの印刷ダイアログに,「出力スタイル」として「二分割印刷」を追加しました.
  • 印刷時の期間予定の左右端の矢印の大きさが全体的に小さくなりました.
  • ポップアップウィンドウの閉じるタイミングを見直しました.
  • 日付メモの編集中に日付の文字列をクリックすると編集が終了してしまう問題を修正しました.
  • 「ハイパーリンクのラベルを表示する」オプションがダイアログから消えました. まだ機能としては残っていますが,将来的には削除する予定です.
  • 日付メモ内の URL をコンテキストメニューに表示していたものが, オプションでオフにできるようになりました.
  • 日付セルにファイルをドラッグ&ドロップすると, ファイルへのリンクが「追加貼り付け」されるようになりました.
  • その他の変更点は詳細版を参照してください.

1.5.0

2006/12/2

[archive]

  • 日付カウントダウン機能が実装されました.[カレンダー]-[日付カウントダウンの設定]からご利用ください.
  • 期間予定の左右端の矢印の表示を省略することができるようになりました.期間予定の編集ダイアログに項目が追加されています.

1.4.2a

2006/10/31

[archive]

  • ウィンドウが最小化され,タスクバーに格納されている状態でウィンドウが閉じられるとき (右クリックでの「閉じる」,タスクマネージャからの「タスクの終了」), ファイル保存および設定ファイルの保存を行う終了処理を通過しない問題を修正しました.
  • 日付を右クリックしての「この日付を周期予定に追加する」メニューを選んだとき, データは作成されても画面の表示に反映されない問題を修正しました.

1.4.1

2006/10/8

[archive]

  • 設定ダイアログの「状態の保存」欄に,起動時に開くタブの枚数を設定できるようになりました.最大で1年先まで自動で開けます.タブの枚数を増やすと,その分起動時は少し重くなるかもしれません.
  • 日付メモに「追加貼り付け」機能が増えました.CTRL+SHIFT+Vで,日付メモの末尾にテキストを追加することができます.
  • 起動時のプロセスの高速化を試みました.設定ダイアログなどのウィンドウを使う瞬間までロードしないようにしたので,今までより起動が少し速くなり,各ダイアログの初回の表示がその分遅くなっているかと思います.筆者の環境では,フルにロードすると16MB程度メモリを消費してますが,起動後,特にほかにダイアログを使わなかった場合,メモリ消費量は10MB程度にとどまります.高速化が体感できるかどうかは,環境に依存するかと思いますが.
  • フリーメモの中のURLは自動でURLツールバーに項目として追加していたんですが,これをオプション設定(設定ダイアログの「ツールバー」タブ)にしました.さすがに機能ごと削ると誰かが困るかもしれないので,しばらくは残しておきます.
  • 日付メモの最初の1行が空行であったとき,その空行がファイルを読み込んだときに消えてしまう問題を修正しました.

1.4.0

2006/7/25

[archive]

  • 特定の日からの一定日数ごとにマッチする周期予定条件を追加しました.

    条件として「基準日からX日に1回」という条件が条件設定ダイアログに追加されました. この予定は,隔週と異なり,前後に対称的に作用します. たとえば,「1月15日から5日に1回」の予定なら, 1月15日,20日,25日,... だけでなく,1月10日,1月5日,... というように 前後に5日ごとにマッチします.

  • 周期予定の名前に含まれる "%d" という文字列が特別扱いされるようになりました.

    "%d" は,現在日からの日数に置換されます. また,予定編集ダイアログで[日数の基準日を現在日以外に設定]を選ぶと, 特定の日からの日数に置換されるようになります.

    「現在日からの日数」は,ファイルを読み込んだときなど, 周期予定の条件処理をしたタイミングで確定します. hyCalendar を起動したまま午前0時になったとき, この数字が自動では変わらないことには注意してください.

  • 期間予定編集ダイアログに,土日祝日の表示を隠す「指定曜日を飛ばす」オプションを追加しました.

    複数の週にまたがる期間予定を「土日には表示したくない」という人向けのオプションです. 表示上,土日には予定が存在しないように見せることができます. 今のところは,他の機能には影響を及ぼしません. たとえば,土日を右クリックしても,その期間予定を編集するコンテキストメニューは表示されますし, 検索の対象にもなります. 「期間予定をあえて表示してない」領域に他の予定が描画されることはありませんので, 空白の領域が多少不自然に見えるかもしれません.

  • 期間予定の編集ダイアログのタブ順序のうち, 文字列の色選択リストと標準の色を使用するチェックボックスの順序を入れ替えました.
  • 周期予定の日付条件を編集するためのダイアログで, 最初に「編集」を選んだとき日付コンポーネントが2003年11月を指していた問題を修正しました.

1.3.9

2006/7/3

[archive]

  • 日付名が周期予定用のフォントで表示されてしまう問題を修正しました.

    従来どおり,「休日名」フォントが適用されます.

  • 設定ダイアログの一部コンポーネントのタブ順序を修正しました.
  • 六曜モジュールの新バージョン(1.0.1)対応コードが追加されました.

    六曜モジュールは内部的にRokudll.dllという ライブラリを使用しています. 参照ファイルを追加したタイミングとそれ以降のファイル読み込み時とで, 違うディレクトリから当該DLLを探してしまう問題を修正しました. 新バージョンでは,六曜モジュールの置いてあるディレクトリにあるもののみを読み込みます. また,Rokudll.dllが見つからないときに エラーメッセージを参照ファイルダイアログに提示するようになりました.

1.2.1

2005/07/14

[archive]

1.1.1

2005/05/22

[archive]

1.0.1

2005/04/22

[archive]